近年のギャンブル業界というのは、道徳的、社会的、文化的、宗教的な理由で賭博が禁止されているごくわずかな国・地域を除けば、今や驚くほどグローバルになっています。調査によると、実際、ギャンブルが禁止されている国の人でも、そういった制限や規制をかいくぐるためにさまざまな代替手段を使い、オンラインでギャンブルをしていることがわかっています。そう、自分で稼いだお金で好きなことをするのは、他人に制限されるべきではないのです。

ここで、ごく最近入ってきたギャンブル業界のニュースを一つご紹介しましょう。違法または各自治体の法令に反しているとは見なされないかたちであれば、オンラインギャンブルを許可する意向を示している国が増えている、というニュースが報じられています。また、このほかにも、世界のギャンブル市場に関する最新のレポートでは、たくさんのことが明らかになっていますので、以下にて早速見ていきしょう!

驚異的なスピードで成長するギャンブル市場

上述したような規制・制限撤廃の影響もあってか、ギャンブル市場は業界全体または総収入の面で成長を続けていることが明らかになっています。理由はともかく、ギャンブルをビジネスやトレーディングとして捉えている企業家にとっては、嬉しいニュースであることは事実です。今や、ギャンブルは決して毛嫌いするようなものではなくなってきているのです

実際のところ、ギャンブル市場の規模は、2020年には約4,650億米ドルだったのが、2021年には約5,150億米ドルにまで成長しています! これを踏まえれば、2030年の成長率についても大まかなイメージを持つことは簡単ですよね。

ギャンブル業界が歩んでいく将来

世界的にギャンブルを推進する上で、ギャンブル企業の役割は見過ごせません。世の中には、数え切れないほどのギャンブル企業があると言っても間違いではありません。大企業となった会社もあれば、いまだ無名のまま奮闘している会社もありますが、主要なギャンブル企業としては、Paddy Power、MGM リゾーツ、ラスベガス・サンズ、ベットフェア・エンターテインメント、ウィリアムヒルなどがあります。

ギャンブル市場の年間成長率は、年を追うごとに11%ずつ増加すると予想されており、これは決して小さな数字ではありません。これほど日々成長し続けている理由は、ギャンブル企業の再編成と、新型コロナウイルスの感染拡大により休業していた事業の再開です。すでに多くの企業が事業の再編成を行っており、現在はその業務に追われているようです。

まとめ

上記のすべての内容を踏まえると、ギャンブル業界とギャンブラーの未来が今後数年のうちに、さらなる世界的な成長を遂げるは明らかであり、そのスタートはすでに切られている、といえます。他の業界と同様に、ギャンブル業界も新型コロナウイルスによって大きな影響を受けましたが、間違いなく今では本格的に営業を再開しています。今日では、ギャンブルを合法化している国も多数あるので、業界の予想成長率はさらに上昇することが期待されています。